〒814-0123
福岡市城南区長尾1-19-1

TEL:092-865-6655
24時間ネット受付

福岡市城南区の消化器科・外科医院/内科/胃腸科/肛門科/整形外科/リハビリテーション

ピロリ菌除菌について

MOBILE
HOME»  ピロリ菌除菌について

ピロリ菌ってどんな菌ですか?

ピロリ菌は、正式にはヘリコバクター・ピロリという細菌で胃の中に生息しています。多くの研究により、ピロリ菌が慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因になっていることがわかっています。

ピロリ菌はどのように感染するのですか?

ピロリ菌は口から感染します。とくにピロリ菌に感染しやすいのは乳幼児期と考えられています。ピロリ菌はヒトからヒトへ経口感染しますが、感染経路は環境因子や家族内感染などさまざまな要因が考えられています。ピロリ菌が胃の中にいる人は、口の中にもピロリ菌がいて、唾液を介してピロリ菌が感染することもあります。親世代の感染率が低くなり、衛生環境も良くなっているため、子どもの感染率は非常に低くなっています。

当院でのピロリ菌除菌について

当院ではピロリ菌除菌率の高いタケキャブを使用した1次除菌、2次除菌を行なっています。
今までの胃酸分泌抑制薬であるプロトンポンプインヒビター(PPI)ではなく、タケキャブを利用。

その特徴として3つが挙げられます。
(1)酸分泌抑制効果が表れるまでの時間が短い
(2)効果の持続時間が長い
(3)効果発現の個人差が少ない

ピロリ菌除菌では従来のPPIによる治療をボノプラザン(タケキャブ)に切り替えた場合、治療成績の向上が最も期待されています。ボノプラザン/アモキシシリン/クラリスロマイシンの3剤併用による1次除菌では、投与4週後の除菌率は92.6%で、ランソプラゾールを含む3剤併用の除菌率75.9%を上回ります。

「ボノプラザンは酸分泌抑制効果が表れるのが速いため、従来のPPIに比べて酸分泌を抑制できる期間が長くなる。このため、より高い除菌効果を得られる」と報告されています。2次除菌率は98.0%でした。

PAGE TOP